読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Groovyでのスクリプトの分割、共通化

Groovy


プログラミングGroovy の p47にはクラス定義の説明が書かれている。

ただし、クラス名とファイル名を一致させておくと、クラス探索時にGroovyが
見つけてくれるので、一致させておいたほうが便利です。たとえば、あるコードの
中で「x = new Foo()」のようにクラスFooが利用されていた場合、.classファイルの
探索と同様に「Foo.groovy」がクラスパス中から探索され、存在していれば読み込まれて
クラス定義使用されます。


クラス定義の説明では、インスタンスを生成する方法が書かれている。
プロダクトコードではなく、小人さんスクリプト書くのであれば、
共通スクリプト的なものを作って呼び出すことも多いだろう。
その場合は、Javaと同じく、static宣言をすれば、
インスタンスの生成はせずに、呼び出すことができる。

A.groovy
B.test()  
B.groovy
static test(){
    println "test"
}
実行
[D:\workspace\groovy_SandBox\スクリプトの呼び出し]groovy A.groovy
test
[D:\workspace\groovy_SandBox\スクリプトの呼び出し]

添削歓迎

間違ってるよ、こうした方がGroovyらしくないか?
などなど
方法は、コメント、トラックバックはてブTwitter @orange_clover宛 で、お願いしまます。

実行環境











関谷 和愛、上原 潤二、須江 信洋、中野 靖治
価格: ¥ 3,360
価格は記載時点のものです。購入前にAmazonでご確認ください。







エピソード満載なGroovyポロシャツをもう一度制作しよう
モデル:@irof

広告を非表示にする