読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今流行の3Dで、Groovyを見るとどうなるのか?

Groovy


今流行の3D。もう時代遅れ?
Groovyを3Dで見るとどうなるのか?
正確には、GroovyのJapanese Homeのサイトを3Dでみるとだけど・・・



どんなウェブページも3D化することができるFirefoxアドオン「Tilt」
を使えば簡単に3D化でる。

マウスでグリグリと動かすことができて、これは面白い。




が、クリックすらできないので、見て楽しむだけのものw
紹介サイトにも書いてあるけど、ブログで紹介するときのスクリーンショット用かな。




実際に役に立つかもしれない3D化というのは、こういうのなのか?
Groovyなどのソースコードのビジュアライゼーションの動画
これも見て楽しむだけ?


クラス図とシーケンス図かがこんな風に見えると面白いかも。
見た目でぐちゃぐちゃでダメだなと偉い人でも分かるんじゃないかな。













関谷 和愛、上原 潤二、須江 信洋、中野 靖治
価格: ¥ 3,360
価格は記載時点のものです。購入前にAmazonでご確認ください。





Groovyに興味があって、このブログに訪れる人は、この本持ってるんだよね(^_^;)
ということで、Groovyと関係ないものも紹介してみるとどうなるんだろう。






arts Intelligence
参考価格 : ¥ 4,400
価格: ¥ 3,960
価格は記載時点のものです。購入前にAmazonでご確認ください。




広告を非表示にする