読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windowsでコマンドラインによるスクリーンショットの撮り方

Windows

「url2bmp」は、指定した縦横のピクセルサイズでWebサイトのスクリーンショット
撮ることができるコマンド。
サイズの指定も可能。
定期的にWebサイトのスクリーンショットを残したい場合などにも使える



1.url2bmp]をインストールする

1)url2bmpからダウンロード
2)解凍
3)インストール(PATHが設定されてる場所にコピーする)

2.スクーンショットを撮る

コマンドオプション
  • url url to convert to
  • file output file
  • format accept "png", "bmp", "jpeg" and "tiff"
  • wx virtual screen width
  • wy virtual screen height
  • bx bitmap width
  • by bitmpat height
  • wait, number of second to wait before bitmap generation
  • maximize start in maximized mode
  • notinteractive run and exit when done
  • removesb remove right scroll bar

例として、xeferでのTwitterの活動状況のスクリーンショットを撮る。

C:\usr\bin\url2bmp.exe -url http://www.xefer.com/twitter/orange_clover -file xefer.png -format PNG -wx 1280 -wy 960 -bx 1280 -by 960 -wait 60 -removesb -notinteractive 

3.実行


本来は、このようなGUIのソフトだ。
「-notinteractive 」を付けることでGOボタンをクリックすることなく
タスクバーに最小化された状態で、スクリーンショットを撮ることができる。


4.結果




実際に、orangecloverさんのプロフィールでこのスクリーンショットを使ってる。







気になモノ






EVOLGの手袋は、特殊繊維にアクリルやウールを混ぜ込むことで手袋を付けたままiPhoneiPodなど多くの携帯端末に採用されている静電気容量式タッチパネルの操作を可能にしました。多彩なカラーとデザイン性を持ち合わせた全く新しい手袋です。

雑貨 HIGHTIDE DAILY DEPOT

¥ 3,780(税込、送料別