読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤ってバイナリファイルを開いてしまってターミナルが文字化けした場合の対処方法

Linux Solaris bash

LinuxSolarisなどのUnixでTera TermやPuttyなどのターミナルから操作してて
間違ってバイナリファイルやcoreをcatコマンドやtailなどで開いてしまったとする。
そうすると、beep音が鳴り続けて周りに迷惑をかけて、エライことになったりする。
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!
beep音がOFFになっていたとても、ターミナルが文字化け状態になってしまうこともある。



この場合、あなたはどうしますか?
ターミナルを閉じて、再度開いて環境設定をもう一度する。
そう言う人も多いかと。
僕自身もだいぶ前にこれを教えてもらうまではそうだったから。


元に戻す対処方法があるのだ。
教えてもらったときの僕も、僕が教えてあげた人も
(゜ロ゜;)エェッ!? という反応になる。



戻す方法

echo ^[c


^[c は、制御文字、エスケープシーケンスなので、そのまま「^」「[」「c」を入力しちゃだめよ。
「e」「c」「h」「o」「スペース」「Ctrl + V」「Esc」「c」「Enter」と入力する。


これで文字化け状態から元に戻る。

ターミナルのタイトルとscreenのタブ名は戻らなかった。。。ʅ(~◡◝)ʃ

aliasに設定する

覚えにくいので、以下のようaliasに設定しておけばいいだろう。

alias clear2="echo -e '\026\033c'"

clearはコマンドがあるので安直にclear2にした。







気になるモノ

未来からの時間の流れというのは、今までの読んだノート術にはなかった。その点には興味がある。
苫米地思考ノート術―脳を活性化し人生を劇的に変える最強思考ノート(苫米地 英人)

マインドマッピングはよくでいているが(縁起が記述できる点)、 未来からの時間の流れがないのが致命的。






苫米地 英人

価格: ¥ 1,365
価格は記載時点のものです。購入前にAmazonでご確認ください。