読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いScanSnap(fi-5110E0X3)からevernoteに登録する方法


まだ古いScanSnap fi-5110E0X3 を使ってる。
まだ、iPadを持ってないので、大量の書籍の自炊はしてない。
たまにする程度なので、今のところこのスピードでも全然困らないから問題ない。
(たまにジャムったりするのがたまにキズ・・・新しのだと全くジャムらないらしい。)


Evernoteに直接PDFを放り込みたい!!

読み取った後に動作するアプリにEvernoteを追加できるようなので、「アプリケーションの選択」に追加してみた。




ところがだ、Evernoteを選択させてくれないのよ。




e-スキャンボタンの方は普通に選択させてくれる。




なんで??イジワル。。。
うーむ、メモを大量にスキャンしたんだが手で登録していくのはメンドくさいな。


アプリの連携ができるなら、バッチ化すればできるだろう!
一発でやりたかったんだけどね。。。
直接とは書いてないからタイト詐称じゃないよね(^^;

実験

>"C:\Program Files\Evernote\Evernote3.5\Evernote.exe" 2010年07月19日10時14分52秒.pdf

結果

  • Evernoteクライアントが選択してるノートブックに格納される
  • ファイルはフルパスでしてないとダメなようだ。URLにそのままフルパスが指定される
  • タイトルはファイル名がそのまま設定される

うーんURLにフルパスはいらないな。

どうやら、ENScript.exeというのを使えば、もっと細かく指定が可能なようだ。

>"C:\Program Files\Evernote\Evernote3.5\ENScript.exe" /?

Usage: ENScript [options]

Commands:

createNote - creates note from the specified file path or url
importNotes - imports notes from the specified export file
showNotes - displays specified notes in the Evernote window
printNotes - prints specified notes from the Evernote window
exportNotes - exports specified notes into a file
createNotebook - creates a notebook
listNotebooks - lists specified notebooks to standard output
syncDatabase - synchronizes database to the service

Type "ENScript /?" to get command specific help.

@filename - specifies response file name contaning options one per line. Command line options that follow
response file name specification override options specified in the response file.

createNotesのオプションは以下らしい

>"C:\Program Files\Evernote\Evernote3.5\ENScript.exe" createnote /?

Usage: ENScript createNote [options]

Options:

/s file - file containing the plain text note contents. If omitted, note conte
nts are read from standard input.
/n notebook - notebook to create the note in. If does not exist, lazy create.
If omitted, use default notebook.
/i title - specifies note title. If omitted, note title will be generated auto
matically.
/t tag - specifies note tag. If tag does not exist, lazy create it. Use multip
le /t options to specify multiple tags.
/a filename - specifies file attachment. Use multiple /a options to specify mu
ltiple file attachments.
/c dttm - note creation date/time. { "YYYY/MM/DD hh:mm:ss" | filetime }. If om
itted, use current time.
/u username - user name if not the same as database file name.
/p password - user password to confirm Evernote service access.
/d database - database file name if user name is not specified.

If both database file name and user name are not specified, last login name is u
sed and
if there is none, USERNAME environment variable value is used as a user name.

"C:\Program Files\Evernote\Evernote3.5\ENScript.exe" createnote /s

結果

  • ノートブックは/nで指定するか指定がなければデフォルトのノートブック
  • ファイルはフルパスではなく、ファイル名だけでよい。
  • URLにはなにも指定されない
  • タイトルはファイル名がそのまま設定される


ふむ、これでやりたいことはできそうだ。

バッチ化

dir /b|xargs echo "C:\Program Files\Evernote\Evernote3.5\ENScript.exe" createnote /n local /s %%I

xargs は UnxUtils のではなく、xargs.cmdを使っているので、%Iと指定している。


一気に登録。
ドーーーン。
バッチリだ。







書籍の自炊向けには、今から買うならこのセットかな。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
富士通 (2009-02-07)
売り上げランキング: 51




プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
プラス (2009-09-01)
売り上げランキング: 2

広告を非表示にする