読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hostnameのオプション

Linux Windows

jconsole で Tomcat に接続できないで知ったのだが、hostnameってオプションあったのね。
知らなかったんよ。

[oc@centos5 ~]$ hostname
centos5
[oc@centos5 ~]$ hostname -i
127.0.0.1

なんでオプションがあることに気づかなかったんだろうと気になって
マニュアルを見たら以下になってた。
書式だけ見て勘違いしてたんだな。きっと。

hostname(1)



名前
       hostname - 現在のホストシステムの名前を設定・表示する

書式
       hostname [name]

       hostname [--help] [--version]

説明
       引 数を与えないと、 hostname は現在のホストシステムの名前を表示する。引
       数を一つ指定すると、現在のホストの名前を与えられた name に設定する。 ホ
       スト名の設定には適切な権限が必要である。

オプション
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

マニュアルの指示通り--helpつけたら説明がわんさかでてきた。

[oc@centos5 ~]$ hostname --help
Usage: hostname [-v] {hostname|-F file}      set hostname (from file)
       domainname [-v] {nisdomain|-F file}   set NIS domainname (from file)
       hostname [-v] [-d|-f|-s|-a|-i|-y|-n]  display formatted name
       hostname [-v]                         display hostname

       hostname -V|--version|-h|--help       print info and exit

    dnsdomainname=hostname -d, {yp,nis,}domainname=hostname -y

    -s, --short           short host name
    -a, --alias           alias names
    -i, --ip-address      addresses for the hostname
    -f, --fqdn, --long    long host name (FQDN)
    -d, --domain          DNS domain name
    -y, --yp, --nis       NIS/YP domainname
    -F, --file            read hostname or NIS domainname from given file

   This command can read or set the hostname or the NIS domainname. You can
   also read the DNS domain or the FQDN (fully qualified domain name).
   Unless you are using bind or NIS for host lookups you can change the
   FQDN (Fully Qualified Domain Name) and the DNS domain name (which is
   part of the FQDN) in the /etc/hosts file.

なるほどね。

それで、Windowsも気になって確認してみた。
結果としてはオプションはないようだ。
ただ、エラーメッセージででてくる -s ってなんだ??

c:\>hostname /?
sethostname: Use the Network Control Panel Applet to set hostname.
hostname -s is not supported.

古いバージョンでは -sオプションがあっただろうか。

広告を非表示にする