読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日時から月や曜日を取り出す

groovy

年を取り出す

groovy:000> println new Date().year
109
===> null

↑ありゃ、やっぱり-1900なのか

groovy:000> println new Date().year +1900
2009
===> null

月を取り出す

groovy:000> println new Date().month
11
===> null

↑やっぱり0〜11なのね。。。

groovy:000> println new Date().month + 1
12
===> null

↑+1する必要があるのね

日を取り出す

groovy:000> println new Date().date
18
===> null

↑これはまぁ普通

曜日を取り出す

groovy:000> println new Date().day
5
===> null

↑うーん、不便・・・
0 = Sunday, 1 = Monday, 2 = Tuesday, 3 = Wednesday, 4 = Thursday, 5 = Friday, 6 = Saturday

SimpleDateFormatを使わないとすると以下か

groovy:000> weakday=["Sunday", "Monday", "Tuesday", "Wednesday", "Thursday", "Friday", "Saturday"];println weakday[new Date().day]
Friday
===> null

この日付の扱いは直感的じゃないよなぁー

時を取り出す

groovy:000> println new Date().hours
0
===> null

↑00の2桁にはならない

groovy:000> println new Date().hours
23
===> null

↑24時間表示なのでPM 11:00は23と表示される

分を取り出す

groovy:000> println new Date().minutes
54
===> null
groovy:000> println new Date().minutes
1
===> null

↑01の2桁にはならない

秒を取り出す

groovy:000> println new Date().seconds
53
===> null
groovy:000> println new Date().seconds
2

↑02の2桁にはならない

広告を非表示にする