読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3.環境変数 (1)環境変数の使い方 〜意外に削除の仕方はしらない人が多い〜 【コマンドプロンプト、バッチファイルを使わなきゃならなくなった人向けのメモ】

Windows Command DOSBatch

環境変数を設定、表示、削除したい。

コマンドプロンプトでは、変数と環境変数の区別はない。
あるのは環境変数だけ。
これがUnnixと異なる。

環境変数の設定

c:\>set XYZ=hoge

環境変数の表示

SETコマンドで表示

大文字小文字の区別はない。

c:\>set XYZ
XYZ=hoge

c:\>set xyz
XYZ=hoge

プレフィックスが一致するものが表示される。

c:\>set X
XYZ=hoge

複数合致した場合は、全て表示される

c:\>set A
ALLUSERSPROFILE=C:\Documents and Settings\All Users
APPDATA=C:\Documents and Settings\orangeclover\Application Data
APR_ICONV_PATH=C:\usr\opt\Subversion\iconv

ckwを使うとこの仕様が異なりプレフィックスの一致では表示されない。

[c:\]set A
A=
%で展開して表示

大文字小文字の区別はない。

c:\>echo %XYZ%
hoge

c:\>echo %xyz%
hoge

環境変数の削除

最初使い始めたころは、なんでunsetってないだんろうと
環境変数は消せない!って思ってた。
仕方がないから以下のようにごまかしてた。

  SET XYZ=""

でも消せるんだよね。。。
SETのヘルプより

 SET [変数名=[文字列]]
              ↑
              これがポイント

SET 変数名=まで書くと消せる。
なんか変なの。

c:\>set XYZ=
確認
c:\>echo %XYZ%
%XYZ%

c:\>set XYZ
環境変数 XYZ が定義されていません

c:\>set X
環境変数 X が定義されていません


初歩的なことを書いたら、食物連鎖じゃないけど、どんどん役に
立つ記事につながっていかないかな。




Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス
4774149543